[PR] 自動車保険 公園団子 今月のジャンプコミックス感想

公園団子

白団子D2:このブログのスタッフA兼発案者のゲーマー
緑団子N2:このブログのスタッフBにしてオタク
黒団子Y2:このブログのスタッフCにしてサディスト
このブログは、公園団子という銘菓のある田舎で育った大学生3人が始めたダラダラ日記です。
今は白団子は大学院へ。緑団子は地元で就職。黒団子は千葉で就職。
住んでるところはバラバラだけど心はいつもひとつ。
初めての方はここ→「団子のお味」をご覧下さい。
バナー01

かうんたー

今見てる人


カテゴリー

団子の味

白団子A(NAME:D2/JOB:大学院生/color:緑文字/)
(N2評)「気まぐれで嘘つき」を地で行く男。 F1、サッカー、音楽、ゲーム、漫画と趣味は多岐に渡り、割と金を惜しまない。
煙草を吸わず、酒も飲まない健康な肺と肝臓を持つ。
(D2談)熱しやすく冷めやすい。
典型的AB型。純ゲーマー
生まれたときから家にファミコンがあった。 FFには目がない。
(Y2説)何を考えているか読めない。
スタンドプレーに走る傾向あり。

緑団子(NAME:N2/JOB:社会人/color:紫文字)
(N2評)ローゼンメイデンと蟲師をこよなく愛すオタク。
スモーカーにして酒飲み。
(D2談)漫画には惜しみなくお金を使う
最近は同人誌でも歯止めがきかない
もちろん3次元より2次元。
(Y2説)やればできる子。
でも、やらないから結局できない子。
オタク道快走中。

黒団子(NAME:Y2/JOB:社会人/color:青文字)
(N2評)常に気だるいオーラを放つ男。かと思えば「銀英伝」「ジョジョ」「スマパン」などの単語には異常な反応を示したりする。
自他共に認めるハードS。
(Y2説)酒は飲めない。煙草は吸う。
会話のキャッチボールの球種はストレートのみ。
(D2談)遅刻王。特にN2との約束は合ってない様なもの。
なんだかんだで要所は抑える。

N2D2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

今月のジャンプコミックス感想

2006/09/05(火) 18:06:53

昨日はジャンプの感想を書いたので、今日の日記は漫画ネタから離れようと思いましたが一歩も外に出る予定がないので今日も漫画感想を書きますN2ですこんにちわ。


皆様、毎月頭はジャンプコミックスの発売日だということをご存知でしょうか?そんなわけで今日はN2が今月購入したジャンプコミックスの中から以下の作品の感想をば。

・STEEL BALL RUN 第9巻
・太臓もて王サーガ 第4巻
・ONE PIECE 第43巻

以下、ネタバレ有り。

・STEEL BALL RUN
「遺体の脊椎」の在り処を示すメモを奪ったスティール夫人。そして彼女の救出に現れたマウンテン・ティム。
スティール夫人とティムの台詞、個人的に名台詞確定です。
めちゃくちゃ一途で純粋です。
巻頭で荒木先生が好きな映画についてこのように語っておられます。


「主人公たちが全員プロフェッショナルで躊躇なく行動する点、その意思には迷いが無く、『善』だとか『悪』だとかの区別を超越している。そこには人間存在の深い何かを感じる。」

JOJO全般にも当てはまることだと思うけど、この部分は特にSBRで強調されているような気がします。
「納得」を求めるジャイロ・「遺体」を求めるジョニー、ディオ、大統領・「美学」を貫くリンゴォ・「夫」を守るルーシー・「帰る場所」を求めるティム…
9巻ではルーシーとティムによって、その部分が強調された感じがします。
とりあえず、読みましょう。

・太臓もて王サーガ
SBRと同じ月に発売されるのは集英社が調整しているからなんでしょうか?
割と頻繁にキャラが追加されていくこの作品、今回はもて四天王最後の一人、笛路紋と魔女っ子翠が登場。
そして、宏海×矢射子が急接近した融合話「ダブル・ハート」も収録。この話好きです。
おまけコーナーの「こども電波相談室」では

「荒木先生が今年47歳なのに、どーみても30代なのはなぜでしょうか?石仮面なんでしょうか?」
という質問にも答えています。とりあえず、この質問を送ったVIPPERはちょっとスレ立ててこい。
参考)
荒木老けなさすぎワロタ
ジャンプ作者の顔 一覧

・ONE PIECE
相変わらずの分厚さを誇るONE PIECE。
この巻のSBSにて、その理由が明かされました。

「コミックスというのは一冊184ページという規定があって、それは9話あればクリアできるんですが、僕の場合、どうしてもこの話まで入れたいんじゃあ!という強い気持ちで(わがままで)10話とか11話分押し込むのです。つまり、まぁ、読者にとってはサービス。僕にとっては、ストーリーへのこだわりですね。昔、11話の本の後、9話で出したら、うすくなったと読者から苦情が来た事がありますが、こういう理由です(笑)」
ちなみにこの9話というのは、「ONE PIECEなら」ということでしょうかね?今回は10話収録ですが、11話収録の太臓の方が薄いですし。太臓は11話詰めて184ページギリギリ。1話のページ数の違いですね。週刊連載であの量を描いているという事実に、改めて脱帽。
そんな尾田先生、今回はウソップが大活躍した「英雄伝説」まで収録。この辺も強い気持ちという名のわがままで詰め込んだのでしょうね。ニクイ演出してくれます。
ちなみに、この「英雄伝説」が掲載されたのはWJ33号
仕事はぇー。


以上、今月のジャンプコミックス感想でした。
いや~、漫画って本当に素晴らしいですね。

バナー←現在150位。クリックでランキングに投票です。

<一言>おまけ、「僕たちが本当に見たかった跡部様」(The 男爵ディーノ様)
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
スポンサーサイト
漫画記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 趣味色々ホーム全記事一覧WJ40号感想 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://n2d2.blog59.fc2.com/tb.php/348-efa705e3

リンク

D2のブックマーク

N2のブックマーク

Y2のブックマーク

フリーエリア

Copyright(C) 2006 公園団子 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。