[PR] 自動車保険 公園団子 ありがとう「皇帝」

公園団子

白団子D2:このブログのスタッフA兼発案者のゲーマー
緑団子N2:このブログのスタッフBにしてオタク
黒団子Y2:このブログのスタッフCにしてサディスト
このブログは、公園団子という銘菓のある田舎で育った大学生3人が始めたダラダラ日記です。
今は白団子は大学院へ。緑団子は地元で就職。黒団子は千葉で就職。
住んでるところはバラバラだけど心はいつもひとつ。
初めての方はここ→「団子のお味」をご覧下さい。
バナー01

かうんたー

今見てる人


カテゴリー

団子の味

白団子A(NAME:D2/JOB:大学院生/color:緑文字/)
(N2評)「気まぐれで嘘つき」を地で行く男。 F1、サッカー、音楽、ゲーム、漫画と趣味は多岐に渡り、割と金を惜しまない。
煙草を吸わず、酒も飲まない健康な肺と肝臓を持つ。
(D2談)熱しやすく冷めやすい。
典型的AB型。純ゲーマー
生まれたときから家にファミコンがあった。 FFには目がない。
(Y2説)何を考えているか読めない。
スタンドプレーに走る傾向あり。

緑団子(NAME:N2/JOB:社会人/color:紫文字)
(N2評)ローゼンメイデンと蟲師をこよなく愛すオタク。
スモーカーにして酒飲み。
(D2談)漫画には惜しみなくお金を使う
最近は同人誌でも歯止めがきかない
もちろん3次元より2次元。
(Y2説)やればできる子。
でも、やらないから結局できない子。
オタク道快走中。

黒団子(NAME:Y2/JOB:社会人/color:青文字)
(N2評)常に気だるいオーラを放つ男。かと思えば「銀英伝」「ジョジョ」「スマパン」などの単語には異常な反応を示したりする。
自他共に認めるハードS。
(Y2説)酒は飲めない。煙草は吸う。
会話のキャッチボールの球種はストレートのみ。
(D2談)遅刻王。特にN2との約束は合ってない様なもの。
なんだかんだで要所は抑える。

N2D2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

ありがとう「皇帝」

2006/09/11(月) 01:08:43

M・シューマッハー逆転優勝=通算90勝、今季限りの引退表明-F1イタリアGP



フェラーリのエースドライバーにして、通算最多優勝記録を持つF1界の「赤き皇帝」ミヒャエル・シューマッハが今シーズン限りでの引退を表明しました。


その発表が行われたイタリアGP、N2は二度泣きました。
一度目は、シューマッハがチームの母国にて優勝を飾ったこと。しかも、タイトル争いのライバルであるフェルナンド・アロンソとのポイント差を10Pも縮めるというオマケ付き。
N2が最も印象に残っているのが、このイタリアGP。
何年のGPだったかは覚えていませんが、N2がF1を見るようになってから間もない頃、フェラーリがこのイタリアGPにて1、2フィニッシュを飾りました。
シャンパンファイトにて、豪快にシャンパンをぶちまける赤いスーツの男たち。そして、それを受ける真っ赤なクルー。更に、それを見つめる赤を身に纏ったギャラリー。
それは、全てが「赤」、そして「フェラーリ」の世界でした。

少年N2は、その日からフェラーリというF1チーム、そしてそのチームにおいてエースドライバーとして君臨するミヒャエル・シューマッハに心を奪われました。


ミヒャエル・シューマッハが圧倒的な強さでシーズンを制した年。ライバルと差を詰められ、終始ギリギリの勝負を強いられた年。そして、チャンピオンの座を奪われた年。
N2はどんな年でも、ミヒャエル・シューマッハを応援してきました。
それは、彼がN2にとって「皇帝」でも「チャンピオン」でもなく、「最高のドライバー」だからだと思います。


そんな「最高のドライバー」も、遂にコックピットを離れます。その言葉を彼の口から聞いた時、N2は今日2回目の涙を流しました。

例え、フェルナンド・アロンソが今後ミヒャエル・シューマッハの記録を抜いたとしても、後任であるキミ・ライコネンがどれだけ活躍しても、N2にとっての「最高のドライバー」はミヒャエル・シューマッハ唯一人。
「自分は、これからなんの為にF1を観るのだろう?」
そう思うと、自然に涙がこぼれました。



皇帝の走りを見れるのもあと僅か。
コンストラクターズでは3ポイント差、ドライバーズでは2ポイント差。
今年のF1は、まるで彼の引退を惜しむかのような展開をみせています。

ミヒャエル・シューマッハがドライバーズタイトルを手に入れ、コンストラクターズでもフェラーリが勝つ。
ミヒャエル・シューマッハ信者であるN2は、そう信じています。
そうなった時、「有終の美を飾る」と彼を評さないで欲しいと思います。
ミヒャエル・シューマッハは「最後だから」という理由で底力を発揮するようなドライバーではないと信じているからです。
彼は、「皇帝」として常に全力を尽くしてきたドライバーだと信じているからです。
ミヒャエル・シューマッハが最後のシーズンにタイトルを手に入れた時、N2は「いつもの彼らしいシーズンだった」と評したいと思います。

そんなファンの思いをよそに、皇帝が去る日は近づき続けます。
N2にできることは、ただ願うだけです。


『世界最高のドライバーが、全力を尽くして走れますように』


バナー←現在120位。クリックでランキングに投票です。

<一言>まだ「さようなら」とは言えません。
スポンサーサイト
スポーツ記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< 突然ですがホーム全記事一覧間違ってはないけど >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://n2d2.blog59.fc2.com/tb.php/360-e480fa4c

リンク

D2のブックマーク

N2のブックマーク

Y2のブックマーク

フリーエリア

Copyright(C) 2006 公園団子 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。