[PR] 自動車保険 公園団子 N2レビュー「映画版デスノート」

公園団子

白団子D2:このブログのスタッフA兼発案者のゲーマー
緑団子N2:このブログのスタッフBにしてオタク
黒団子Y2:このブログのスタッフCにしてサディスト
このブログは、公園団子という銘菓のある田舎で育った大学生3人が始めたダラダラ日記です。
今は白団子は大学院へ。緑団子は地元で就職。黒団子は千葉で就職。
住んでるところはバラバラだけど心はいつもひとつ。
初めての方はここ→「団子のお味」をご覧下さい。
バナー01

かうんたー

今見てる人


カテゴリー

団子の味

白団子A(NAME:D2/JOB:大学院生/color:緑文字/)
(N2評)「気まぐれで嘘つき」を地で行く男。 F1、サッカー、音楽、ゲーム、漫画と趣味は多岐に渡り、割と金を惜しまない。
煙草を吸わず、酒も飲まない健康な肺と肝臓を持つ。
(D2談)熱しやすく冷めやすい。
典型的AB型。純ゲーマー
生まれたときから家にファミコンがあった。 FFには目がない。
(Y2説)何を考えているか読めない。
スタンドプレーに走る傾向あり。

緑団子(NAME:N2/JOB:社会人/color:紫文字)
(N2評)ローゼンメイデンと蟲師をこよなく愛すオタク。
スモーカーにして酒飲み。
(D2談)漫画には惜しみなくお金を使う
最近は同人誌でも歯止めがきかない
もちろん3次元より2次元。
(Y2説)やればできる子。
でも、やらないから結局できない子。
オタク道快走中。

黒団子(NAME:Y2/JOB:社会人/color:青文字)
(N2評)常に気だるいオーラを放つ男。かと思えば「銀英伝」「ジョジョ」「スマパン」などの単語には異常な反応を示したりする。
自他共に認めるハードS。
(Y2説)酒は飲めない。煙草は吸う。
会話のキャッチボールの球種はストレートのみ。
(D2談)遅刻王。特にN2との約束は合ってない様なもの。
なんだかんだで要所は抑える。

N2D2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

N2レビュー「映画版デスノート」

2006/10/29(日) 23:11:21

久々のレビューです。これを昨日公開する予定でしたN2ですこんばんわ。


土曜日に地上波でデスノートの映画版が放送されたので、チェックしてみました。原作を見ている身としてちょこっと感想なぞを書いてみようかと思います。
以下、映画&原作軽くネタバレ注意。



とりあえず、全体の感想としては
「痒いところに手が届かない」
といった感じ。

月がデスノートを拾う→裁き開始→Lと対決開始→捜査本部結成→レイとナオミのエピソード→月の捜査本部入り

と、おおよそ重要なエピソードそのものはきっちり取り入れられていたものの、原作を知っている人間としてはこれらのエピソード一つ一つの作りこみがやや物足りない感じ。
例えば月がデスノートを手に入れ、初めてリュークと出会った時のやりとりなんかも、あっさりしすぎて「藤原竜也物分り良過ぎ」とツッコミそうに。
バスジャックを起こす前のテストも説明不足なように思いました。原作知らないと、何を何の為にテストしたのか1回映画を見ただけじゃ分からないような…

演出もちょっとしっくり来ないというか、ツッコミ所が多かった感じがしました。

・エキストラが棒読み過ぎてゲンナリ。特に序盤30分。
・携帯テレビとノートの切れ端を仕込んだポテチの袋を、カメラの前で開けている(いつ仕込んだんだ?)
・夜神家のカメラを見るのはLと総一郎だけのはずが、みんなで鑑賞している。
・ナオミをノートに書いているにも関わらず、名前を聞いたときにペンを取り出す。(後述)

と、さらっと見ただけでこんなツッコミをしてしまいました。

そして原作とは違っていたレイとナオミのエピソード。
多分、映画としてラストを盛り上げる為の変更なんだろうなぁと想像。原作は視覚的に派手な盛り上がりにはならないし。(個人的には原作のような静かな探りあいが好きなんだけど)
レイ、ナオミ共にデスノートでかなり長い時間行動を細かく指定されて殺されていましたが、あそこまで「なんでもあり」だと「デスノート強すぎwww」と感じてしまいました。原作のように、デスノートである程度指定しつつ、月があの手この手を使って殺すというやり方の方が面白いと思うんだけど。
ただ、そのやり方だと映画の中では説明しきれないのかな?

そして、上でツッコミを入れた月がペンを取り出す仕草。
「どうやって名前を書くのか?」と観客を盛り上げる為の演出だと思うけど、自分で第3者に目撃させると指定している以上ただ危険なだけの行動だったんじゃないかなぁと思います。
その後、「キラに間違えられ恋人を殺されたので、キラに敵討ちをする為に捜査本部へ」という名目はイマイチ筋が通っていないような。
普通の人間なら、ナオミ個人か捜査本部を恨みそうなものだと思うけど。「正義感の強い夜神月くん」だからOKなのかな?


と、さらっと一見した限りで書いてみました。
文句ばっかりつけていますが、全体の印象としては決して悪くありませんでした。
だからこそ、こういう重箱の隅をつつくようなツッコミをしてしまったわけです。
大量の文字で説明を加えている原作を、表現方法と時間の限られた媒体の中で作ったのである程度はしょうがないかと思いますし。
ただ、監視カメラの関係はちょっとお粗末だったんじゃないかなぁと思います。

続編はLとの決着までの模様。
原作とは違った結末を謳っていたので、その点に関して期待age。

バナー←現在102位。クリックでランキングに投票です。

<一言>D2やY2も感想を書けば、「クロスレビュー」になるのになぁ(ボソボソ)
スポンサーサイト
テレビ/映画記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< WJ48号感想ホーム全記事一覧N2の奇妙な冒険第2部~ブログ管理編~ >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://n2d2.blog59.fc2.com/tb.php/467-b2390614

リンク

D2のブックマーク

N2のブックマーク

Y2のブックマーク

フリーエリア

Copyright(C) 2006 公園団子 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。