[PR] 自動車保険 公園団子 温泉へ行こう 後編

公園団子

白団子D2:このブログのスタッフA兼発案者のゲーマー
緑団子N2:このブログのスタッフBにしてオタク
黒団子Y2:このブログのスタッフCにしてサディスト
このブログは、公園団子という銘菓のある田舎で育った大学生3人が始めたダラダラ日記です。
今は白団子は大学院へ。緑団子は地元で就職。黒団子は千葉で就職。
住んでるところはバラバラだけど心はいつもひとつ。
初めての方はここ→「団子のお味」をご覧下さい。
バナー01

かうんたー

今見てる人


カテゴリー

団子の味

白団子A(NAME:D2/JOB:大学院生/color:緑文字/)
(N2評)「気まぐれで嘘つき」を地で行く男。 F1、サッカー、音楽、ゲーム、漫画と趣味は多岐に渡り、割と金を惜しまない。
煙草を吸わず、酒も飲まない健康な肺と肝臓を持つ。
(D2談)熱しやすく冷めやすい。
典型的AB型。純ゲーマー
生まれたときから家にファミコンがあった。 FFには目がない。
(Y2説)何を考えているか読めない。
スタンドプレーに走る傾向あり。

緑団子(NAME:N2/JOB:社会人/color:紫文字)
(N2評)ローゼンメイデンと蟲師をこよなく愛すオタク。
スモーカーにして酒飲み。
(D2談)漫画には惜しみなくお金を使う
最近は同人誌でも歯止めがきかない
もちろん3次元より2次元。
(Y2説)やればできる子。
でも、やらないから結局できない子。
オタク道快走中。

黒団子(NAME:Y2/JOB:社会人/color:青文字)
(N2評)常に気だるいオーラを放つ男。かと思えば「銀英伝」「ジョジョ」「スマパン」などの単語には異常な反応を示したりする。
自他共に認めるハードS。
(Y2説)酒は飲めない。煙草は吸う。
会話のキャッチボールの球種はストレートのみ。
(D2談)遅刻王。特にN2との約束は合ってない様なもの。
なんだかんだで要所は抑える。

N2D2

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文トラックバック数:-コメント数:-

温泉へ行こう 後編

2007/02/12(月) 20:37:54

筆不精の出不精、N2ですこんばんわ。


さて、ちょっと間があいてしまいましたが早速前回の続きを書きましょうか。ゼミの教授と福井県へ温泉旅行へ行ったお話ですよ。



N2「試験の採点してる時に4年生相手だと考慮したりします?」
教授「そりゃしますよ。」


するんかい!



4年生の後期試験を受けている時点で、採点する側もどうしても仏心を出してしまうそうです。
とはいえ無条件で単位を与えるわけでもなく、「必死さ」が伝わってくれば、とのこと。
文章の量は少なくとも、回答としては不完全でも、やはり必死さというものは滲み出るものだそうで。現3年生の皆さん、ヤバイ時こそ誠意を持って回答しましょう。「単位下さい」なんて書いたら絶対落とすって教授は多いのでお気をつけて。


うちの教授は好々爺なお方で、趣味が多いことでも有名。
この旅行中、実は漫画もお好きだと知りました。その中でも特に好きなのが「北斗の拳」
そんなわけで、早速マンガスキーN2と北斗トーク。


教授「北斗の拳は、魅力的なキャラクターが多いよね。」
N2「レイやトキなんて典型ですよね。」
教授「そうそう。レイの最後は男として憧れるよ。」
N2「マミヤの死兆星が見なくなったところも素敵です。」
教授「あ~あったねぇ。それとホラ、ラオウやサウザーの死ぬときもいいんだ。」
N2「敵ながらアッパレ、ですね。」
教授「なんだったっけなぁ、二人の台詞。」
N2「ラオウは『我が生涯に一片の悔いなし』、サウザーは『引かぬ!媚びぬ!省みぬ!』ですね。」
教授「それそれ!カッコイイよなぁ。」


改めて見たら、俺ってキメェな。


そんなこんなでビールを15本くらい消費し、教授はご就寝。
深夜の欧州サッカー中継に備え、男4人で近所のコンビニへ買出しに行く事に。
2月の福井県、深夜の街を浴衣で歩く男達。バカな子たちなんです。
そんなこんなでのんびりしつつ、24時間開いている温泉にも浸かって眠りに就いたのは午前6時。



8時に仲居さんに起こされ目を覚ます。

眠い目を擦り、朝食を済ませてチェックアウト。温泉旅行で疲労困憊とはこれいかに?
帰りの特急まで時間があったので、東尋坊を見物することに。

岩場に下りて日本海の荒波を眺める男達。幹事とN2で船越栄一郎ゴッコを嗜むが、華麗にスルーされて悲しくなる。


切り立った崖と土産物屋、そしてバス停。
なんだか漆原友紀の「岬でバスを降りたひと」という話を思い出したり。


----------
バスで来た人はバスで戻るのがふつうだった。
けれど時折降りた数より乗った数が少ない日があった。
バスに乗らなかった人たちは崖の下で見つかった。

漆原友紀 『フィラメント』P9、P11 講談社
----------

そんなことを考えながら昼食にいくら丼を頬張り、駅まで戻り特急で大阪へ。
卒業した後集まるのは、誰かの結婚式か葬式かなんて話をしつつ、最後のゼミ旅行はお開き。いい旅でした。





あ、トランクス旅館に忘れた!

バナー←現在120位。クリックでランキングに投票です。

<一言>お土産?誰に買えってのよ。
スポンサーサイト
団子の旅記事全文トラックバック数:0コメント数:0
<< test the nation 2007 答え合わせホーム全記事一覧test the nation 2007 >>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://n2d2.blog59.fc2.com/tb.php/651-4860a094

リンク

D2のブックマーク

N2のブックマーク

Y2のブックマーク

フリーエリア

Copyright(C) 2006 公園団子 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。